乳酸菌生成エキスの研究

NPO法人レックス・ラボの
100年におよぶ乳酸菌発酵技術研究から生まれた新しい乳酸菌のカタチ

腸の中で共存している細菌の集まり、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)は、まるで指紋のように一人ひとり全く違います。
自分にあった細菌だけが腸にすみつき、絶えず自分を守ってくれています。
いくら体に良いとされる菌を生きたまま腸に届けても、腸にすみつくことはできません。
だから、腸にすむ「自分の腸内細菌」を元気にしてあけることが大切です。

「乳酸菌生成エキス」は「自分の腸内細菌」をととのえて、理想的な腸内細菌叢をつくる、他にない新しい考え方です。

「乳酸菌生成エキス」
ヨーグルトの100倍以上の発酵力と熟成

豆乳を培地に16種類の乳酸菌を発酵することで、市販のヨーグルトの約100倍の発酵力があります。菌の数は1gあたりなんと約4兆個。この発酵によって乳酸菌が多くの「代謝産物」を作り出します。
この「代謝産物」が腸粘膜を保護し、腸バリア機能を高め、異物の侵入を防ぎます。また、腸上皮細胞の栄養となり細胞の状態をととのえます。
さらに熟成によって活動しなくなった乳酸菌が細かく分解されて有用成分「菌体物質」となります。
この「菌体物質」は傷ついた細胞を修復し、腸内で免疫細胞が集まっているパイエル板に取り込まれて免疫細胞を活性化します。
この2つの成分が腸にすんでいる「自分の腸内細菌」をととのえます。

「種類」「バランス」をととのえ「総量」を増やします。

「乳酸菌生成エキス」は腸内細菌の「種類」「バランス」をととのえ、「総量」を増やします。ととのった「自分の腸内細菌」が身体に必要な物質をつくり、健康へと導きます。※製造時の発酵力(メーカー調べ)

「乳酸菌生成エキス」は
ベースサプリメントとして活用されています

乳酸菌を摂取できる製品は数多くあります。しかし摂取した菌は、たとえ腸に届いたとしても通過してしまい定着しません。私たちは、それぞれのヒト固有の自分の菌を増やすことが大切と考えています。
「乳酸菌生成エキス」は乳酸菌そのものではなく「自分の腸内細菌」が増えやすくする成分と、腸免疫と腸壁をととのえる成分が凝縮したエキスです。
医療において「乳酸菌生成エキス」は、補完代替医療のツールとして、便秘や下痢・各種胃腸疾患・がん・アレルギー疾患・生活習慣病・歯科分野など、多岐にわたる目的で利用されてきています。
医学的なメカニズムは研究段階ですが、腸内環境改善はさまざまな治療の土台となるため、ベースサプリメントとして活用され実績をあげています。
詳しい研究データは、乳酸菌生成エキス 研究情報センターをご参照ください。